PCCJ2017 Rd1-2 Race Report

Date     2017年4月8日~2017年4月9日

Round   第1戦・第2戦

Race Track  岡山国際サーキット

初めに、今大会も懸命なサポートをして頂いたポルシェジャパン株式会社様、コックス株式会社様、 チームの皆様、パーソナルスポンサーの皆様、応援して頂いた方々に心より感謝致します。

4月8日・9日に開催されたPCCJ Round1-2の参戦報告を致します。

2017年4月8日 公式予選/第1戦決勝レース (2番グリッドスタート/2位フィニッシュ)

ポルシェカレラカップジャパン2017シーズン開幕戦が岡山国際サーキットで開催されました。
レーシングコースの路面改修工事が昨年末に行われ、非常にグリップレベルが上がった印象を受けまし た。
ツーリングカーでのレースは今回が初めてなので緊張や不安もありましたが、自信を持って開幕戦 に挑みました。



11時30分から30分間の公式予選がスタートしました。
各ドライバーのベストタイム順で第1戦 のスターティンググリッドが決定され、第2戦のスターティンググリッドは公式予選のセカンドタイム 順で形成されます。
前日の専有走行ではウェットコンディションだった為、初めてのドライコンディションが公式予選とな りました。
走り出しから早くマシンの限界を引き出せるよう心掛けて周回を重ねていきました。 結果、第1戦公式予選2番手 第2戦公式予選2番手となりました。 ポールポジションを獲得する事はできなかったものの、最前列からスタートを切る事ができるので決勝 レースに大きな期待を持つ事ができました。



17時から15周の決勝レースがスタートしました。
全車ドライタイヤのままスタートを迎えました が、レース序盤から小雨が降り非常に難しい路面コンディションとなりました。
シグナルブラックアウトからの反応は良かったものの前車を追い抜くまでには至りませんでした。
レース序盤でトップの#89三笠選手に引き離されてしまったものの、徐々に自分もドライビングに慣 れていき後半ペースを上げる事ができましたが2位でフィニッシュしました。
反省点としては、タイヤが冷えているレース序盤で限界を掴むのが遅かった事ですが、周回を重ねる うちにドライビングでの様々な事を理解する事ができたので、明日の第2戦に繋げる事ができる走りが できたと思います。

2017年4月9日 第2戦決勝レース (2番グリッドスタート/2位フィニッシュ)

11時から15周の決勝レースがスタートしました。フォーメーションラップで入念にタイヤを温め、 レース序盤で前車を早い段階で追い抜くという作戦でしたが、気持ちが先走ってしまいスタートで大き くホイルスピンをしてしまいました。
結果、スタートで順位を1つ落としてしましたが、落ち着いて周回 を重ねレース中盤の1コーナーで前車をオーバーテイクする事ができポジションを2番手に戻しました。
トップからは大きく離されてしまっていたものの、最後まで全力で走行し結果2位でフィニッシュしま した。
オーバーテイクするのに、少し時間がかかったものの確実にレースを完走するという事を考えると自 分なりにしっかり見極めてレースを進める事ができたと思います。

初めてのツーリングカーでのレースは学ぶ事が沢山あり、収穫の多いレースウィークとなりました。
第2戦決勝レースではファステストラップを獲得する事ができ手応えも感じています。
自分を高めて頂けるこのような恵まれた体制でレースができる事を誇りに思い、次戦に向けて日々努力 していきます。