PCCJ2018合同テスト

ABOUTこの記事をかいた人

上村優太Yuta-Kamimura

2019年はARN RACINGより【ブランパンGTワールドチャレンジ・アジアシリーズ(8号車)】と【ポルシェカレラカップジャパン(31号車)】にシリーズ参戦します。

ポルシェカレラカップジャパン2018 合同テスト

間もなくポルシェカレラカップジャパン2018が開幕します。

それに先立ち、
先日富士スピードウェイにて
合同テストが行われました。
そちらの参加報告を致します。

合同テスト1日目(2018年3月13日)

ポルシェカレラカップジャパン2018年シーズン開幕前に富士スピードウェイで2日間の合同テス トが開催されました。

僕自身カレラカップは今年で2年目のシーズンを戦う事になり、目指すはもちろん チャンピオン。今シーズンを戦う上で今回の合同テストは非常に重要な2日間となります。

 

13時15分から晴れ渡る青空のもと
1本目の走行セッションがスタートしました。

今年から更にハイパワーとなった
911GT3カップのパフォーマンスを
最大限に引き出せるように努めました。

最初はマシン面のセットアップを
進めるのではなく
ドライビング面で様々な事を
試していきました。

具体的に、コーナーリングの際に
チョイスするギアを変更したり
走行ラインを変えて走ってみたり
有意義な走行セッションとなりました。

15時から2本目の走行セッションが行われました。

このセッションでは
マシンのセットアップを行いましたが、
今年から新たに導入されたABSの
使い方 を習得するのに苦戦していたので
ドライビング面の修正がメインとなりました。

ABSは
ただ思いっきり踏めば良いものでもなく、
効率の良い効かせ方を毎周探っていきました。

セッション途中からはNEWタイヤを
投入してアタックを行いました。
結果は、トップから 0,1秒差で
総合3番手となりました。

走行後、自分自身のドライビングの
反省点を分析すると同時に
チームともマシンセッティングを考え、
明日の走行に備えます。

合同テスト2日目(2018年3月14日)

2日目最初の走行セッションは
11時から開始され、
昨日同様に天候は晴れ。

昨日の反省点を踏まえ走行に臨みました。

最初のセッションではあえて、
NEWタイヤを投入せず
ドライビング面の修正と
マシンのセットアップ を
メインに行いました。

マシンのセットアップに関しては
昨年度の経験を活かす事ができ
良い感触を得る事ができました。

2本目の走行セッションは
14時から開始されました。

このセッションで
今回の合同テスト最後の走行となるで、
今まで試してきた事をまとめるように
心掛け て走行に臨みました。

ドライブしている時の感覚は
とても良くセッション途中までは
トップタイムをマークしていたものの、
最後の最後でタイムを塗り替えられ
この日も総合3番手で終わりました。

今回の合同テストは
有意義な2日間となりました。

昨年とは違う部分が沢山あり、
習得するのに時間が掛かって
しまった部分はありますが
素晴らしい経験 ができていると感じています。

今年は昨年以上に
強力なライバルも現れるので、
今まで以上に努力する必要があります。

今回の合同テストを踏まえて、
開幕戦から良い流れにのる為に
しっかり岡山大会に向けて準備していきたいと思います。

ありがとうございました。

#18 上村優太

 

P.S. ポルシェカレラカップジャパン2018の開催日程はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

上村優太Yuta-Kamimura

2019年はARN RACINGより【ブランパンGTワールドチャレンジ・アジアシリーズ(8号車)】と【ポルシェカレラカップジャパン(31号車)】にシリーズ参戦します。