【Rd3-4】PCCJ2019・富士スピードウェイ

ABOUTこの記事をかいた人

上村優太Yuta-Kamimura

2019年はARN RACINGより【ブランパンGTワールドチャレンジ・アジアシリーズ(8号車)】と【ポルシェカレラカップジャパン(31号車)】にシリーズ参戦します。

レースレポート PCCJ 富士スピードウェイ Rd3-4

5月3日~4日に富士スピードウェイでポルシェカレラカップ第3戦・第4戦が開催されました。

ゴールデンウイークということもあり、富士スピードウェイは大変多くの来場者でにぎわいました。

予選

30分間の公式予選です。
この公式予選のタイムで第3戦・第4戦のスタートポジションが決定されます。

他のマシンとの間合いを見ながらアタックする場所を探り、良い位置でタイムアタックを行うことができました。

結果は、開幕戦から4戦連続のポールポジションを獲得することができました。さらに自身のコースレコードも更新することができました。

第3戦

シグナルブラックアウトからの反応は良く、順位をキープしたまま1コーナーを通過。

レース中盤までのペースは良かったものの、レース後半にペースダウン。

なんとかポジションを譲ることなく1位でレースを終えました。

 

第4戦

第3戦同様に、中盤から後半に2番手の選手に迫られ、最後まで気が抜けないレース展開となりました。

ポジションを守り切り、第4戦も優勝を飾ることができました。

 

まとめ

予選では好タイムをマークできたものの、レース後半にかけて安定したラップタイムを刻むことができませんでした。
タイヤマネージメントが今後の課題です。

今大会も懸命なサポートをして頂いたチーム、応援して頂いた方々のおかげで2連勝することができました!

次戦も頑張ります。応援ありがとうございました。

#31 上村優太