【Rd5-6】PCCJ2019・鈴鹿サーキット

ABOUTこの記事をかいた人

上村優太Yuta-Kamimura

2019年はARN RACINGより【ブランパンGTワールドチャレンジ・アジアシリーズ(8号車)】と【ポルシェカレラカップジャパン(31号車)】にシリーズ参戦します。

5月25日・26日に鈴鹿サーキットでポルシェカレラカップ第5戦・6戦が開催されました。

今回はカレラカップアジアとカレラカップジャパンが同時進行でレースが行われました。

予選

20分間の公式予選が始まりました。

この公式予選のタイムで第5戦・第6戦のスタートポジションが決定されます。

普段よりも10分少ない今回の公式予選では、早い段階でタイムを出すことと、素早いピット作業が重要でした。

無事に予選が終わり、両レースとも3番手のポジションからスタートすることが決まりました。

第5戦

今大会はローリングスタートでレーススタートとなります。

スタートからフィニッシュまで安定した走りをすることができ、3位表彰台を獲得。

 

第6戦

スタートでポジションアップに成功。

2番手を走行していましたが、最終ラップのシケインで後方ドライバーに真後ろから押し出され、リタイアとなりレースを終えました。

 

まとめ

両レースとも表彰台を獲得するつもりで臨みましたが、第6戦では残念な結果となってしまいました。しかし、これもレース。

予選でのチームワークは今年1番の素晴らしさで、良かったところが沢山ありました。

次戦も頑張ります!

応援ありがとうございました。

#31 上村優太