【開幕】PCCJ2018公式予選

ABOUTこの記事をかいた人

上村優太Yuta-Kamimura

2019年はARN RACINGより【ブランパンGTワールドチャレンジ・アジアシリーズ(8号車)】と【ポルシェカレラカップジャパン(31号車)】にシリーズ参戦します。

2018年4月7日 公式予選

レースウィーク中のドライビングテスト

ポルシェカレラカップジャパン2018シリーズ開幕戦は岡山国際サーキットで開催されました。

レースウィーク通して変わりやすい天候だった為、タイヤ選択やマシンセット選択など非常に判断が難しい場面が沢山ありましたが昨年度の経験を活かし、上手にレースウィークを組み立てる事ができたと思います。

また、今年からマシンが今まで以上に高性能になりラップタイムアップやコースレコードも期待ができました。

今大会は木曜日からテスト走行を初めました。木曜日のスポーツ走行、金曜日の専有走行ではドライコンディション・レインコンディション両方の状況でテストする事ができました。

目先のタイムを追うのではなくドライビング面、マシン面のそれぞれの課題と向き合いながら走行を重ねレースに向けて有意義なテストをする事ができました。

公式予選スタート

11時30分から公式予選がスタートしました。各ドライバーのベストタイムで第1戦のスターティンググリッドが形成され、セカンドタイムが第2戦のスターティンググリッドとなります。

公式予選ではドライコンディションとなりました。走り出しからテンポを上げて走行する事を心掛け、公式予選セッション前半では、すでにトップタイムをマークしていました。途中、ピットインを行いマシンのセットを少し変更した後にドライタイヤ2セット目を投入しアタック。自己ベストを更に塗り替える事ができ公式予選を1番手で終える事ができました。

結果、第1戦・第2戦はポールポジションからのスタートとなります。

ABOUTこの記事をかいた人

上村優太Yuta-Kamimura

2019年はARN RACINGより【ブランパンGTワールドチャレンジ・アジアシリーズ(8号車)】と【ポルシェカレラカップジャパン(31号車)】にシリーズ参戦します。