【初戦】PCCJ第1戦 決勝

ABOUTこの記事をかいた人

上村優太Yuta-Kamimura

2019年はARN RACINGより【ブランパンGTワールドチャレンジ・アジアシリーズ(8号車)】と【ポルシェカレラカップジャパン(31号車)】にシリーズ参戦します。

2018年4月7日 第1戦決勝レース

 レース開始直前まで判断が難しい天候となりました。

雨足が弱くなり路面も乾いてきつつあるものの、レインタイヤを選択しレースに臨む事を決めました。

2番手、3番手からスタートするドライバーもレ インタイヤを選択。
1周のフォーメーションラップが終了し、16時20分から第1戦レーススタート となりました。

シグナルブラックアウトからの反応は良く、1周目で2番手とのリードを大きく築く事 ができましたが路面状況も悪い事からS字でクラッシュ発生。これでSCが導入され2番手以降との差 が埋まる形になりました。

SC解除後すでに雨は止み、コースコンディションもドライタイヤが有利な 展開となりました。

レース後半ではドライタイヤを装着したドライバーにヘアピンでオーバーテイクさ れポジションを2番手まで落としチェッカーを受けました。 タイヤ選択が非常に難しく、少し悔しいレースとなりましたがポイント獲得、表彰台に立つ事ができ良 かったです。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

上村優太Yuta-Kamimura

2019年はARN RACINGより【ブランパンGTワールドチャレンジ・アジアシリーズ(8号車)】と【ポルシェカレラカップジャパン(31号車)】にシリーズ参戦します。